オーラの意味
人格オーラ
現在オーラ
オーラ鑑定
霊とは
霊障害
憑依
カルマ
結界
浄霊
霊視鑑定
概念
製作方法
グレード表記
彫り物
浄化方法
鑑定方法
各種料金
鑑定までの流れ
よくある質問Q&A
お問合せ
店舗情報
個人情報保護ポリシー
特定商取引法に基づく表示
利用規約
配送・返品について
  

 現在オーラは、身体に覆い被さって出て来るカラーで肉体の健康状態や感情を表します。
われわれ人間は、非常に閉ざされた狭い現実の中で暮らしているため、日々変化することがあります。元気な時は「黄色」、パワフルな時は「赤色」、気分が優れない時は「青色」や「紫色」といったようになることがあります。しかし、悩み・ストレスなど体調が優れない時期が長すぎると人格カラーは崩れ身体に悪影響を及ぼします。





 もう一つのオーラは、人格オーラでご説明した通り、今世(現在)において自分に与えられた課題に反して生きている時に表れる「濁りオーラ」です。不のオーラと表現した方が伝わりやすでしょうか。自分の事を反省せず、人の事ばかりを「責めたり」必要以上、人に「依存」「妬み」をする事により本来の人格オーラは、濁りに包まれます。この様になってしまうと灰色(グレー)や黄土色に変化してしまい、何をしても歯車が合わなくなり前にも後ろにも進めない状態で空回りになります。





 濁りとは(魂)今生における自分に与えられた試練(課題)を無視して生きているため、濁ります。いつも○○が悪いと悪態を言い私は「何も出来ない」と愚痴を言う事で、境涯(魂のレベル)を下げる原因となります。
 自分の周囲に一人でもこの様な人が存在したら、そのマイナスエネルギーは他人へと移り親から子など空間をともに過ごしている人が当たり前の様に広がっていき、今後、社会状態が悪化し悪質犯罪が増え、また自ら自分を傷つけ命を絶つ人も増加していきます。マイナスエネルギー「濁り」は未成仏霊の宝庫にもなります。





 何故、人は反省しないのか、人は一時的に後悔しますが中々反省する事は出来ません。後悔と反省は、まったく違い後悔は愚痴と同じです。
 全ての人は何故「○○になったのだろう?」までは、考えられるのに、どうして後悔になるのでしょうか?反省に変えることにより境涯(魂のレベル)あがります。反省することが出来たら次のステップでどのようにしたら良いのだろうと考え「知恵を絞る事により」意欲に繋がり新しい明日を向かえ空気が変わったことに気づき、気の流れがプラスエネルギーになります。





 悪態や愚痴を言って後悔していたら朝を向かえても、昨日と同じ様に前に進む事が出来ないまま夢や希望を求めても自分自身が変わらないと、暗闇の中で八方塞がりになり、反省しない限りいつまで経っても短歯車が合わない状態が何日、何年も続きチャンスを攫むことは出来ません。終わってしまった過去の出来事に執着したり、まだ来ぬ遠い未来のことを心配して思い悩むといった無駄なことは避けましょう。





黄色濁り…  睡眠不足。
緑色濁り…  疲れ。
深い緑色濁り…  深い疲れ。
青色濁り…  コミュ二ケーション不足。
紫の濁り… 情緒不安定。
青紫の濁り… うつ状態。
オレンジ色の濁り…  考え過ぎ思い込み過ぎ。
オレンジ黄色の濁り…  人の意見や情報に流さている。
ピンクの濁り…  過剰な愛情。
赤色の濁り…  病気の象徴。
深い赤色の濁り…  病気の象徴。
黄土…  執着心。
グレー…  不健康。