オーラの意味
人格オーラ
現在オーラ
オーラ鑑定
霊とは
霊障害
憑依
カルマ
結界
浄霊
霊視鑑定
概念
製作方法
グレード表記
彫り物
浄化方法
鑑定方法
各種料金
鑑定までの流れ
よくある質問Q&A
お問合せ
店舗情報
個人情報保護ポリシー
特定商取引法に基づく表示
利用規約
配送・返品について
  

各種 六字真言 (水晶)(オニキス)

六字真言   オン マニ パドメ フン 

       「蓮華の宝珠よ、幸いあれ」
◆意味◆

六字大明王陀羅尼(ろくじ だいみょうおう だらに)と言うものです。
昔から、ヒマラヤ山脈登山中に遭難した遺体を山から下ろす時に現地の人々が唱える言葉です。

観世菩薩の慈悲を表現した真言であるため、観音六字とも呼ばれ、特にチベットでは、ダライ・ラマが観世菩薩の化身であることから、人々によく唱えられるほか、岩や転輪車に刻まれて信仰されています。

この真言には、様々な意味が込められていますが、最も知られているのが「蓮華の宝珠よ、幸いあれ」です。

それぞれ意味があり、オンが「幸い」マニが「宝珠」パドメが「蓮華」フンが「呪文」を意味します。