オーラの意味
人格オーラ
現在オーラ
オーラ鑑定
霊とは
霊障害
憑依
カルマ
結界
浄霊
霊視鑑定
概念
製作方法
グレード表記
彫り物
浄化方法
鑑定方法
各種料金
鑑定までの流れ
よくある質問Q&A
お問合せ
店舗情報
個人情報保護ポリシー
特定商取引法に基づく表示
利用規約
配送・返品について
  

プロフィール
鑑定師  佐々木 由美
生年月日 S46年6月3日

《経緯》
 幼い頃、霧雨が降る中、祖母と一緒に隣町の祖母の実家に歩いて行く途中、電柱の上に何か黒いものが立っているのが視えてから、色々なものが視える様になり、中学生になった頃から、人玉をみたら次の日に誰かが亡くなっていたり、夢の中で見ず知らずの人の、お名前が出て来た時、両親に尋ねるとその方が病気や怪我で入院したという出来事が多くなりました。

 その時期から、幽体離脱を繰り返すようになり、あの世に向う門を超えたり、地獄界の入口まで行くようになり、過去、未来まで視えるようになり、家族、親戚は私を不気味に思い、ある有名なお寺のご住職様に相談したところ、伝達者であろうと言われたそうです。

 それ以降、仏様の夢を見るようになりました。娘が生まれる前に観世音菩薩様が出て来られ「光の玉を授けましょう」とお伝え下さり、また、阿弥陀如来様、観世音菩薩様が出て来られた時の夢は、暗闇の悪雲の中、岸に波打つ渦の上に二艘の船、岸辺に船に乗りたい人々の列、悪雲の中から金色の光がさし言葉に現せないくらいの光の中から、阿弥陀如来様、観世音菩薩様がおりて来られて、荒波に浮かぶ船を助けて下さいました。

 その夢を見た当初は何を意味しているのかが解りませんでしたが、ある本を読んで、親鸞聖人のことばを編みこんだ「歎異抄」の中の第十五条だと言う事が解り,その夢をきっかけに頻繁に仏様が夢に出て来られるようになりました。

 弘法大師様から文を渡され「ある山に居られる阿弥陀如来様の処に行け」と言われ、この様な夢の中で阿弥陀如来様が、「あなたは、皆に伝達せよ」と言われた事で現在に至っております。




                                佐々木 由美

http://www.spi30.com
(81)89-989-6244
AOBADAI 5-11 Matsuyamashi Ehime

〒791-8019
愛媛県松山市青葉台5番地11

TEL:089-989-6244